FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チーズとコンフィチュール

チーズとワインのマリアージュは皆が納得するマリアージュだと思うのですが、意外とチーズとコンフィチュール(ジャム)もしくは蜂蜜というのも美味しい組み合わせがあります。ブルーチーズと松の実、蜂蜜という定番の組み合わせは過去のマンスリーでパンにしたこともありますが、今回はコンフィチュール(ジャム)。それも教室でテイスティングされた方もいらっしゃるかと思いますがオリーブオイルでご縁があった会社が輸入しているコンフィチュールということで参加するのがとても楽しみでもありました。

コンフィチュール6種類、チーズ6種類合計36種の組み合わせを試しました。本当に面白いなと思うのは組み合わせによってチーズがクリーミーに感じられたり、チーズとコンフィチュールが主張し合ってしまいマリアージュとならなかったり。ワインも組み合わせるチーズによって渋みが立ってしまったりということもあるのですがコンフィチュールも新たな発見がありとても面白い体験でした。

このコンフィチュール、4月18日から新宿伊勢丹で行われるフランス展に出品されるようです。私の大好きなフェルミエもチーズのブースを構えるようなので是非お時間がおありになる方はフランス展にいらしてみてくださいませ。教室でテイスティングしたオリーブオイルもきっと置いてあると思います。

ちなみに当日マリアージュに使用されたチーズはイチゴと黒オリーブ、ロレーヌ産ミラベル、さくらんぼとバルサミコ酢、レモンとオリーブとジンジャー、マロンとウィスキー、イチジクとパンデピス。栗好きの私はマロンとウィスキーというコンフィチュールとマンステールもしくはウェストカントリーファームハウスチェダーというチーズを合わせるのが美味しいと思いました。クリーミーなチーズと黒いちご、さくらんぼのコンフィチュールはデザートのよう。チーズの世界も合わせるチーズによって広がります。ぜひお試しを!

jam

conf-cheese
スポンサーサイト

2012/04/05(木) | 雑記 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。